なくなる時期、成長線

骨に「成長線」が存在しているうちは、成長線の部分で骨が成長することができます。

よって、仮に身長の伸びが止まったように見えていたとしても、成長線さえあれば、様々な働きかけによって劇的とまではいかなくとも、身長を伸ばすことが可能です。








それでは、成長線は一体いつまで存在するのでしょうか?成長線がなくなる時期は、思春期と深い関係があります。

人は思春期を迎えると、骨の成長が加速して、急激に身長が伸びる「成長スパート」が起こります。

それから3〜4年たったところで、成長がピタリと止まり身長がほぼストップしてしまいます。

これこそが、成長線がなくなったタイミングであると考えられます。








思春期と成長スパートを迎える時期が早いほど、成長線がなくなるのも早いということが言えます。

一般的には、女子は15〜16歳頃、男子は18〜19歳頃に成長線がなくなることが多いようですが、思春期が訪れたのが遅い人の場合は、20歳を過ぎても成長線が残っていて、身長が伸び続けているというケースもあるようです。








ただし、思春期を迎えて暫くして成長が止まったからといって、成長線が完全になくなったとは限りません。

成長スパートが終息に向かっているだけで、成長線は完全に消失していないこともあるからです。

その場合、骨の成長を促す何らかの働きかけをすることによって、身長の伸びが再開することもあります。