目に見える?成長線

骨は「成長線」という柔らかい軟骨層が増殖することで伸びていきます。

骨が成長するために成長線は必要な組織です。

しかし、骨が成熟して子供の骨から大人の骨へと変わると、成長線の軟骨層は普通の堅い骨へと変化して、成長線は消えてしまい、骨が成長することができなくなるため、身長が伸びなくなります。








別の言い方をすると、成長線があるうちは、身長は伸びる可能性があるということになり、成長スパートを終えて、身長の伸びが緩やかになり、伸びが完全に止まったように見えても、成長線さえ残っていれば、まだ身長を伸ばすチャンスは十分にあるのです。








それでは、成長線が残っているかどうかは、どうやって確認すれば良いのでしょうか?成長線は柔らかい軟骨組織ですが、当然皮膚の上から触ってわかるものではありません。

一番手っ取り早いのは、レントゲン撮影です。

成長線はレントゲン写真に写るので、目視で確認することができます。








レントゲン写真では、堅い骨は白く、柔らかい軟骨は黒く写ります。

骨端軟骨から成る成長線は、骨の両端の関節に近いところに、黒い線となって写ります。

ただし、角度によっては写りにくいこともあるので、成長線を確認したい場合は病院で受診目的を申し出るのが良いでしょう。