傷つくとどうなる?成長線

子供の骨には、成長線があります。

成長線は柔らかい軟骨組織(骨端軟骨)で構成されています。

活発な子供のこと、時には怪我をしたりすることもありますが、この成長線の部分が傷つくと、どうなってしまうのでしょうか?








成長線の部分を骨折してしまうことを、「骨端線(成長線)損傷」、「骨端軟骨損傷」と言います。

成長線部分は、堅くて丈夫な普通の骨の部分より、柔らかい軟骨組織ゆえに骨折の危険が高いともいえます。

普通の骨折ならば、通常は問題なく治るので、それほど心配することはないのですが、成長線部分での骨折は、成長障害につながる場合がありますので注意が必要です。








最も重症な成長障害は、損傷した部分で骨の成長が止まってしまうものです。

片方の足でこの成長障害が起こった場合、左右の足の長さが成長するにしたがって違ってきてしまいます。

足の場合、左右の長さが2センチ以上違ってしまうと、手術で矯正する必要があるそうです。








また、骨の内側は普通に成長するのに、骨の外側がうまく成長しないというような症状もあります。

この場合は、骨の成長にともなって、骨がだんだん曲がってねじれてきてしまうという現象が起こります。

この場合もやはり、手術によって矯正する必要があります。