確認する方法、骨端軟骨の有無

骨端軟骨は、骨の両端にある柔らかい組織で、この骨端軟骨の層が増殖、成長することによって、骨が伸び、そして身長が伸びていきます。

この骨端軟骨がなくなることによって人間の身長はストップしてしまい、伸びなくなりますが、逆に言うと、骨端軟骨があるうちは身長がまだまだ伸びるということになります。








しかし、骨端軟骨は皮膚の上から触った感触や目視でわかるものではありませんので、成長期が終わるか終わらないかの微妙な年齢にあるとき、骨端軟骨が残っているかどうかがわかりません。

成長スパートが終わって身長が伸びなくなったことで、骨端軟骨が消失したと判断する人もいるようですが、伸びがほとんど見られなくなってからも、骨端軟骨が完全消失せずに暫く残っていることはあります。

そして、残っているようであれば、まだ身長が伸びる可能性はあります。








では、骨端軟骨の有無を確実に判断する方法として、レントゲン写真で確認することが可能です。

レントゲン写真を撮ると、普通の堅い骨の部分は白く、柔らかい軟骨の部分は黒く写ります。

骨端軟骨は柔らかい軟骨なので、骨の端の関節に近い部分に、黒いラインになって写ることでしょう。

角度によっては写りにくいこともあるので、骨端軟骨の有無を確認したい場合は、医師にあらかじめそのように申し出て、レントゲン撮影をしてもらうのが良いでしょう。