骨が骨端軟骨で伸びる仕組み

骨端軟骨で骨が伸びる仕組みを知ることによって、身長を伸ばすためのコツが見えてきますので、骨端軟骨の層がどのように増殖し、どうやって骨が伸びていくのかを詳しく説明したいと思います。

基礎知識として知っておくと大変役に立つと思います。








骨端軟骨における骨の成長は、まず破骨細胞という細胞が、古くなった骨をコラーゲンとカルシウムに分解するところから始まります。

その後、軟骨芽細胞という細胞が、コラーゲンで骨組みを作ります。

その骨組みに、血液に乗って運ばれてきたカルシウムやリンが吸着して、新しい骨になります。








このように、骨端軟骨で新陳代謝が繰り返されることで、骨が強くなり、長くなっていきます。

破骨細胞や軟骨芽細胞といった細胞の働きが活発になるほど、新陳代謝が活発になって早く繰り返されるようになり、骨がどんどん作られて、伸びていくことになります。

その細胞の働きを活性化する働きを担うのが、「IGF-1」という物質で、「成長ホルモン」の働きを受けて、肝臓から分泌される物質のことをいいます。








身長を伸ばす方法としては、骨の材料になる栄養素のカルシウムを摂取するとか、骨の新陳代謝を活性化する成長ホルモンの、分泌を促進するといった方法がよく知られていますがどちらもとても有効な手段と言えます。