骨端軟骨と成長ホルモン

前項では、骨端軟骨部分において、どのように骨が成長していくかを説明しましたが、ここでは骨の成長が始まるまでの過程について説明したいと思います。








骨端軟骨の層が増殖・成長して、骨が伸びるためには、「成長ホルモン」の分泌が必要不可欠です。

成長ホルモンは、脳下垂体というところで分泌されるホルモンで、この成長が肝臓に働きかけて、今度は肝臓から「IGF-1」という物質が分泌されます。

このIGF-1が骨端軟骨に作用することで、骨端軟骨にいる軟骨芽細胞の増殖と成長が促進されて、骨が伸びていきます。








成長ホルモンの分泌を促進して身長を伸ばす方法が有名ですね。

成長ホルモンの分泌は、睡眠や運動、食事などの生活習慣に気を配ることで、分泌量を増やすことができます。

最近では、HGH-NEXTのような、成長ホルモンの分泌を促進してくれるサプリメントもよく見かけます。








身長を伸ばすために必要な要素はたくさんあります。

成長ホルモンのほかにも、骨の材料となるコラーゲンやカルシウムもその一つです。

しかしながら、成長ホルモンは身長を伸ばすための最初の指令を出す存在であり、他の条件がどんなに整っていても、成長ホルモンの分泌なくしては、骨端軟骨の成長はあり得ません。

成長ホルモンの分泌が悪いことで骨が成長できず、低身長を引き起こす例もあるのです。